遺品整理・家財整理の総合窓口エコネクト株式会社エコネクト

Instagram

Instagram

エコネクト査定LINE:友だちに追加→画像送信で簡単査定

受付時間 平日9:00~20:00(年中無休)
0120-802-755

お問い合わせ

トップ > コラム > 墓石の処分とリサイクル

お役立ちコラム

墓石の処分とリサイクル

墓石の処分とリサイクル

福岡県の今津干潟に大量の墓石が長期に渡って放置されているとの報道がありました。
不法投棄の可能性もあるとのことですが、どういった理由であれお墓が無造作に積まれ放置されている様子には胸が痛みます。

ところで墓石はどう処分して、処分した墓石はどうなるのか。
墓石の最後とその後に着目してみました。

 

 墓石処分の流れ

墓じまい(改葬)の流れ

ここでは、今のお墓を「墓じまい」して遺骨を別の場所に納骨する場合(=改葬)を説明します。

<次の納骨先を探す>
遺骨のお引っ越し先を決めます。
自分や家族の希望に合った納骨先を探します。
 

<改葬の希望をお墓の管理者へ連絡する>
寺院や霊園など、お墓の管理者に「墓じまいをしたい」と連絡します。
管理者と契約してお借りしている墓地内の敷地を返還する際に原状回復の義務があり、墓石を撤去し更地に戻す必要があります。管理者によっては特定の石材屋に墓石の処理を一任している場合もありますので、同時に確認をします。

また、墓じまいは管理者であるお寺からすると檀家の数が減ることでもあります。
思わぬトラブルに発展しないためにも理由や状況を丁寧に説明し、十分な理解と合意を得ることも大切です。
 

<墓石の処分を依頼する業者を探す>
主に石材店、解体業者が請負っています。
複数の業者に問い合わせ、比較検討します。
値段の安さよりも、実績や問い合わせへの対応など信頼の置ける業者を選定します。
 

<行政手続き>
改葬について必要な手続きは、順を追って

・遺骨1体につき「改葬許可申請書」を1枚作成
  (作成する人:自分 取扱:現在の墓地のある市区町村の役所)
    ↓
・「埋葬証明書」の発行
  (作成する人:現在の墓地の管理者 取扱:現在の墓地の管理者)
    ↓
・「受入証明書」を発行してもらう
  (作成する人:新しい墓地の管理者 取扱:新しい墓地の管理者)
    ↓
・「改葬許可申請書」「埋葬証明書」「受入証明書」を現在の墓地のある市区町村の役所に提出し
遺骨1体につき「改葬許可証」を1枚発行してもらう

    ↓
・納骨(当日含む)までに「改葬許可書」を新しい墓地の管理者に提出

となります。
まとめると、移動する遺骨の数「改葬許可書」を作成し、新しいお墓の管理者に提出する、ということになりますが、少し大変そうです。
こうした行政手続きを代行してくれる業者もあります。
 

<僧侶に御霊抜き(閉眼供養)をしてもらう>
宗派・宗旨に関係なく、遺骨を取り出す場合や、仏壇を処分する際に行われる儀式です。
お墓は使い始める時に僧侶によって御霊入をし、ただの「物」だったお墓を「礼拝の対象」にします。
そうしてお墓に宿した魂を御霊抜きで抜いて、ただの「物」に戻します。
 

<遺骨の取り出し>
御霊抜きを終えたら遺骨を取り出します。
直接受け取ったり、業者によっては希望地への郵送も行っています。
 

<墓石を解体・撤去し、敷地を更地にして管理者へ返還>
墓石と一口に言っても、その構成は石塔や香炉、塔婆立や墓誌、灯篭など様々です。
墓石をそのままの形で再利用するのは稀で、解体・撤去し回収したらある程度の大きさに分解し、用途によっては更に砕いていきます。
 

墓石の解体・撤去

こうして墓石は先祖供養の役割を終え、ただの石に戻ります。
墓石を処分せず、墓石ごと移動する場合は有価物として新しい墓地に搬送します。
 

 墓石の素材

花崗岩(御影石)

現在、墓石のほとんどは花崗岩(御影石)で作られています。
花崗岩は長石(たいていの石に含まれる造岩鉱物。ガラス光沢がありほぼ白色)、石英(長石と同じく造岩鉱物。ガラスの原料となる。クオーツ)、雲母(平らに薄く剥がすことが出来て、薄片は弾性に富む。真珠光沢がある。)を主に、様々な鉱物が集まって出来た石です。大小様々な鉱物の粒が見え、研磨すると光沢が出ます。
見た目が美しく、頑丈で、劣化・風化しづらく、また水を吸いにくく長持ちするため、墓石の他に石の鳥居、城の石垣や石橋、標石、ビルや商業施設・記念建造物の壁に使用されています。
 

 撤去した墓石はどうなるのか

墓石の再利用

そういった非常に頑丈な素材で出来ている墓石ですので、多くはアスファルト施工下地である下層路盤材など、基礎工事の材料に再利用されています。
またそれ以外にも、再び加工してお墓の灯篭などに再利用する場合もあります。
砕いたりすることに抵抗感がある場合は、地域の石材店などに相談してみるのも良いかもしれません。
 
 

お墓のさいご

処分に至る理由は様々にありますが、長らく御先祖様や亡くなった親族・家族を守ってくれていたお墓の最後は、感謝を込めてきちんとしたものにしたいです。

一覧に戻る



お問い合わせ・お見積もり

お問い合わせ・無料ご相談はこちらから
0120-802-755
0120-802-755
メールでお問い合わせお見積もりはこちらから
お問い合わせ

メニュー

メニュー